• BizWings

TFRS for NPAEs 第21章

第21章 外貨為替レート変動の影響


第382項 外国通貨とは、タイバーツ以外の通貨をいう。


第383項 外国通貨取引とは、取引が外貨建でなされる取引、又は外国通貨で決済される取引をいい、事業体が行う以下のような取引を含む。

第383項の1 価格が外貨建の物品やサービスの購入・販売

第383項の2 債権・債務額が外貨建の金銭貸借

第383項の3 外貨建で実施される資産の取得・除却、又は負債の発生・決済


発生の認識

第384項 外国通貨取引はその発生の認識において、取引日のタイバーツと外国通貨のスポット為替レートを外貨建金額に適用し、タイバーツ建で記録される必要がある。

第385項 取引日とは、財務報告基準に基づき、当該取引が認識される条件を始めて満たした日をいう。実務上の理由により、取引日の実際レートに近似されるもしばしば用いられる。例えば、各外国通貨による当該期間に関する全ての取引について週次・月次の平均レートを用いる場合がある。しかし、為替レートが重要性をもって変動する場合、かような平均レートの使用は不適切である。


後続の報告年度末における報告

第386項 各報告年度末において:

第386項の1 貨幣性項目は、期末日レートで換算されなければならない。

第386項の2 外貨建取得原価で測定されている非貨幣性項目は、取引日の為替レートで換算されなければならない。


第387項 いくつかの項目の帳簿価額は2つ以上の価額比較の上で決定される。例えば、棚卸資産の帳簿価額は原価と正味実現可能価額のどちらか低い方の金額である。かような資産が非貨幣性項目で、外貨建で測定されている場合、帳簿価額は以下の項目を比較して決定される。

第387項の1 当該価額の決定日における為替レート(例:取得原価で測定された項目について取引日レート)で換算された原価又は帳簿価額のいずれか適切な価額

第387項の2 時価の決定日における為替レート(例:会計報告年度の期末日レート)で換算された時価

第387項の3 この比較の結果は、タイバーツ上損失であるが、外国通貨上は損失ではない、またはその逆である。


第388項 複数の為替レートが存在する場合、当該取引に代表される将来キャッシュフロー又はこれらのキャッシュフローが測定日に発生していた場合の残高に対応する為替レートが使用される。二つの通貨間の交換可能性が一時的になくなった場合、直後に交換が可能になった際の為替レートを使用する。


第389項 事業体は、外貨建貨幣性資産項目については銀行買為替相場を用いて換算し、外貨建貨幣性負債項目については銀行売為替相場を用いて換算せねばならない。


第390項 貨幣性項目を決済したこと、又は会計期間内又は過去の財務諸表上で貨幣性項目の発生を認識した際の為替レートと異なる為替レートで換算したことにより生じた為替差額については、損益計算書上で認識する。

  • 本訳は情報提供を目的として作成されたものであり、弊社は本訳の利用に起因する如何なる直接的・間接的な損害に対しても一切の責任を負いません。

  • 本訳は作成時点において調査された会計基準に基づいたものであり、会計基準が随時更新されている可能性があります。実際の運用にあたっては、必ず最新の情報につき専門家への確認を行うことを推奨します。

  • 無断転載を禁じます。

BizWings (Thailand) Co.,Ltd.

Room 1201,12th Floor, Q House Building,66 Asoke Montri Road, Wattana, Khlong Toei Nuea,Bangkok

02-258-5592 , 02-117-1267

  ©2020 BizWings (Thailand) Co., Ltd. All Rights Reserved.